生活習慣病とは

以前は中高年の病気として「成人病」と呼ばれていましたが、成人に限らず、生活習慣の積み重ねで引き起こされるという点から、平成8年より「生活習慣病」と言われるようになりました。

成人病が病気の早期発見・発病してからの治療法に重きを置いていたのに比べ、生活習慣病は健康増進・病気予防のため、生活習慣を改善することを重視しています。

生活習慣病には、脳梗塞、心筋梗塞、がん、高血圧、高脂血症、糖尿病、アルコール性肝臓病、通風、歯周病など、他にも実にさまざまなものがあります。

それらは悪い生活習慣を断ち切る・改善すれば、かなりの確率で発病を予防・発病後の症状を緩和できると考えられています。

思い当ることはありますか?

●お酒の飲み過ぎ
●夜更かしなど不規則な生活
●毎日のハードな仕事
●タバコの吸いすぎ
●動物性脂肪の多い食事
●塩分の取りすぎ
●運動不足
●お菓子や甘いものの食べすぎ
●朝ごはんを食べない
●偏った食生活

こういった悪い生活習慣が、さまざまな病気を誘発するのです。
生活習慣病にかかっている人だけではなく、生活習慣病予備軍は多数います。

はっきりとした原因はなくても、日々の積み重ねは、そのまま体に反映されます。
まずは自分の健康を意識することから始めてはいかがでしょうか?

Yahoo!News